子どもがかかえている問題を解決する

「子どもは宝」と、昔からいわれています。
すべての子どもたちが健やかに育っていくことは、人類共通の願いのはずです。
でも現実には、心身両面でトラブルを抱えている子どもたちがたくさんいます。
とくにここ数年は、いじめによる自殺や、保護者からの虐待で命を落とすなど、痛ましいニュースがたびたび報道されます。
そんな事態に発展しないよう、悩みをかかえる子ども本人や親、保護者たちの相談に乗り、問題解決の方法を探して手助けするのが児童福祉司の仕事です。
心身の障害から、家庭の問題、学校での人間関係など、児童福祉が受ける相談は、多岐に渡っています。
そのため医療関係者、学校関係者などさまざまな人にあって、調査を重ねていかなければならないのです。
子どものかかえる問題に親や保護者が直接関与している場合は、彼らの生い立ちや現在かかえている問題も聴き出し、解決法を考えていきます。
解決策を考える時、もっとも重点を置かなければならないのは、子どもたちの未来です。
子どもたちの立場に共感しながら問題の解決に当たることが必要です。

エアーバランサーで作業の安全化を実現
人為的負担を軽減し、社員の安全性を保つことができます

kashima

http://www.h-filing.co.jp/

弁護士 泉佐野